病気予防に必要な知識

シニア

脳梗塞、心筋梗塞の発症率

日本人の脳梗塞、心筋梗塞の発症率は以前に比べると高くなっています。脳梗塞と心筋梗塞は命を落とす病気であり、命を落とさなくても重い後遺障害が残ってしまう病気です。ですから、由々しき状況だと言えます。脳梗塞と心筋梗塞の発症率が高くなった原因は、食事と関係があると考えられています。脳梗塞と心筋梗塞は場所こそ違えど発症する原因は同じであり、血管が詰まることによって発症します。血管が詰まる原因は、血管が狭くなる動脈硬化と血栓(血の固まり)が血管内に存在してしまうことです。そして、動脈硬化と血栓の原因となるのがコレステロールや中性脂肪であり、それらを多く含んでいるのが、欧米の食事です。周知のとおり、日本人の食生活は欧米化されています。従って、この先も脳梗塞、心筋梗塞の発症率は高いままでしょう。

講じるべき対策とは

しかし、それでは当然いけないわけで、何らかの対策を講じる必要があります。そこで推奨されているのが、dhaの摂取です。dhaには、血液中のコレステロールと中性脂肪を減らす効果があります。従って、脳梗塞、心筋梗塞の予防効果があるのです。そればかりかdhaには高血圧予防効果、糖尿病予防効果、更には、がん予防効果等もあります。ですから、dhaは積極的に摂取すべきなのです。dhaは、サンマやイワシ等の青魚を食べれば摂取することができますので、青魚を食べるように心掛けましょう。ただ、青魚が苦手な人もいるでしょうし、苦手ではなくても、青魚ばかり頻繁に食べるとなると苦痛に感じてしまうことでしょう。そういったことを考えると、dhaはサプリメントがありますから、サプリメントでの摂取が有効だと言えます。