血液をサラサラにするには

栄養補助剤

青魚の成分で血液サラサラ

最近は健康ブームが高まってきており、いろいろな種類のサプリメントが発売されています。そのうちの1つがEPAのサプリメントです。EPAはDHAとともにサンマやイワシやアジといった青魚に多く含まれている成分です。この成分は血液をサラサラにする効果が期待されており、心筋梗塞や脳卒中といった生活習慣病を予防する役割を持っています。そのため、EPAは毎日摂取したい成分ではありますが、青魚を毎日食べると言うわけにもいきません。そこで効率よくEPAを摂取するには、サプリメントが1番効率良いといえます。1日1000ミリグラムのEPAを摂取することが望ましいとされており、青魚を食べない日はサプリメントで摂取すると、毎日の健康に役立ちます。血液サラサラ効果を期待する人にとっては、EPAは最高の成分なので、人気があると言えるでしょう。

工夫して得られるメリット

血液サラサラ効果を期待できるものとして、他にも様々な食品があります。例えば玉ねぎや納豆やお酢といった食品が有名です。玉ねぎの場合は、加熱しても良いですし、お酢につけてマリネ状にしたものを食べると効果が高まります。アジの南蛮漬けや酢漬けは、まさにうってつけの献立だと言えます。また納豆に含まれている納豆キナーゼにも血液サラサラ効果があります。そのため、こういった食材とともにEPAのサプリメントを摂取すると、より効果が高まります。どの時間帯に摂取しても良いですが、食事中や食後に摂取すると、他の食品の栄養素との相乗効果が高まるためオススメです。青魚をたくさん食べた日には、摂取する必要はありませんが、少ししか食べていない場合や全く食べていない日は、摂取量を調整してとると良いでしょう。